HVAC/R専門サプライヤーのハイテックジャパン

暖房·換気·空調·冷却設備の部品と関連製品全般をお任せ下さい!


コメントする

銅と我々の日常生活

みなさん、こんばんば。ハイテックジャパン営業代表のリュウです。どうぞよろしくお願い致します。

さて、突然ですが、銅といえば、皆さんはどんなイメージを持っていらっしゃいますか?お皿?花瓶?ケーブルの芯?それとも、電子部品?人によってお答えは様々になりそうですが、どれも間違いありません!金属の銅は我々の日常生活と切っても切れないほどとても密接な関係を持っています。

今日は、様々な銅製品の中から、我々がほぼ毎日使っているものを一つピックアップして、お話をさせて頂ければと思います。何でしょう?そう、コイン(硬貨)です。

硬貨の成分
・1円           アルミニウム100%
・5円           銅60~70%、亜鉛40~30%
・10円        銅95%、亜鉛4~3%、すず1~2%
・50円        銅75%、ニッケル25%
・100円      銅75%、ニッケル25%
・500円      銅72%、ニッケル20%、亜鉛8%

ご覧の通り、日本国政府が発行する硬貨は、一円を除き、すべて銅の合金から作られています。そのうち、十円玉の銅の含有量は一番高く、95%で、ほぼ純銅に近いですね。

では、なぜ銅が使われているのでしょうか。

銅には極微量でもさまざまな雑菌を退治する、微量金属作用という特別な働きがあることは、その理由の一つと言えます。実は、日本だけでなく、僕の母国である中国を含め、いろんな国の硬貨に銅や銅合金が使用されています。硬貨が多くの人の手に触れているにも関わらず衛生的に保たれているのは、この微量金属作用のおかげなのです。ヨーロッパに行かれたことがある方ならご存知のはずですが、一流ホテルなどのドアノブは、ほとんどが銅でつくられています。これも同じ理由です。日本ではアルミ、プラスチック、または、ステンレスのドアノブを多く見かけますが、かつては銅のドアノブを使っていたようです。

そして、もう一つの理由として考えられるのは、金と銀より希少性が低いものの、硬くて、錆びず、安価で使えることではないでしょうか。日本国民の皆さんは仮に一人が硬貨を一つだけ保有する場合でも、造幣局は、一億個以上を作られなければなりません。実際の数はもっともっと多いです。もし簡単に錆びたり、変形したりすると、新しいのに交換するためのコストはとんでもないことになります。

いかがでしたか?硬貨について、新発見はありましたか?硬貨以外の銅製品についても、これからじっくり話して行きたいと思いますので、どうぞフォローのほどよろしくお願い致します。