HVAC/R専門サプライヤーのハイテックジャパン

暖房·換気·空調·冷却設備の部品と関連製品全般をお任せ下さい!

継手はな~に?

コメントする

暖房、換気、エアコン、冷却設備の中に、空気を運ぶためのパイプはたくさんあります。設備は、設置場所などの要素により、大きさの上限に制約がかかってる場合が多いです。そうすると、棒のようなパイプを如何に曲げさせて設備に収まるは課題になります。

銅製品は基本的に伸びが良くて、曲がるように加工すればよいのですが、そのコストは馬鹿になりません。そこで、パイプを棒のまま並べて、継手で繋げればいいという発想が生まれました。それは、継手です。

大きさが異なれば、形もそれぞれ特徴あります。丸い半円形の継手があれば、四角いで角の部分はゆっくりしたカーブ形を取った継手もあります、さらに、鷹の爪のような形の継手も多く使われます。

どのような形が最良かは、装着される機器設備によって違いますので、一律言えませんが、いろんな顔を持ちながら、ちゃんと仕事をしてくれるところは、なかなか面白いのではないでしょうか。

作成者: ハイテックジャパン

Hitek(ハイテック)工業貿易株式会社の日本営業拠点として、日本のお客様に、様々な素晴らしい銅関連製品をリズナブルな価格でワンストップでご提供して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中